ヒノキ ~実用性と美しさ~

 

 

高校の担任の名前は桧(ひのき)先生だった管理人です。

部活後に食堂なかよしで何パンを食べるか位しか考えてなかった当時は

ヒノキがどんな木か知りませんでした。。(もちろん当時の先生は雲の上の存在。)

さて、材木の中で最良の国産材の一つヒノキ。

 

 

 

 

 

〇針葉樹 ヒノキ科

〇福島以南から九州、屋久島まで分布

〇壮樹木の樹高は30~40m

〇耐久性に富み、緻密で美しい光沢、独特の香りでセラピー効果も高い

 

 

 

ヒノキは北海道には分布していません。

 

針葉樹の中でも成長が遅く目が詰まっているため割高になります。

 

緻密な年輪はかたく虫がつきにくく耐久性に優れているため構造材に最適です。

 

そのような理由から当社の土台や通し柱には桧を使用しています。

 

法隆寺など日本の建築遺産の多くは木造で数百年から千年以上前に建立されたものです。

 

それらの多くは日本のヒノキや杉でできています。手入れされる方々の努力もあります。

 

無垢の木は多くの人のイメージよりはるかに強く可能性を秘めた素材です。